家具や家電が常備されているので手ぶらでの入居が可能

マンスリーマンションは基本的に月単位で入居契約を結ぶ賃貸マンションですが、一般的な賃貸物件との大きな違いは充実した家財道具にあります。生活に必要な家具や家電製品がひと通り用意されているので、何も持たずに入居することが可能です。また、敷金や礼金が不要である他、光熱費の支払いも月単位ではなく日額で設定されている所が多いのもマンスリーマンションならではの利点です。出張による長期滞在や自宅のリフォーム工事に関する一時的な仮住まいなどの用途に向いています。

長期の出張や単身赴任の生活拠点に最適

マンスリーマンションの主な利用客は出張や単身赴任のビジネスマンです。宿泊施設を利用するより安く済むうえ、家財道具を新しく用意する必要がないマンスリーマンションは滞在期間が決まっている人には最適な物件と言えます。また、運動部の合宿などに使われるケースもあります。

マンスリーマンションを利用する際の注意点

短期の利用に最適なマンスリーマンションですが、物件によって利用料金や入居時の契約内容に違いがあるので注意が必要です。管理会社が定めたルールを守らないと入居契約が打ち切られ、退去を要求されることがあります。廊下やエレベーターなどの共有スペースの扱いについては一般的な賃貸物件と同様に、管理会社のルールを遵守しなければいけません。また、マンスリーマンションは仮住まいとして扱われている物件なので、長期間の入居であっても基本的には住民票を移すことができません。そのため、免許証や車検証の住所の変更は不可能です。手紙などの配達物を受け取るには事前に転送の手続きを行う必要があります。

短期間の入居の代わりに敷金や礼金の用意が必要なく、最初から家具や家電が用意されているマンションがマンスリーマンションです。仕事の出張中のサラリーマンや観光旅行者などの人々が利用する例が多いとされます。