若い頃から仕事に役立つ資格取得を目指そう

派遣の秘書は、仕事上で様々な立場の人と接したり、交渉や接待、雑用など多様な業務を担当したりする機会が多いため、日ごろからスキルアップを図ることが重要となります。例えば、パソコンや対人コミュニケーション、簿記など社会的なニーズが高い資格については、派遣の秘書として働くうえで役立つことがあります。そのため、より良い条件で秘書の仕事を続けるには、若い頃から資格取得を目指すことがおすすめです。また、資格の種類によっては、試験を受けられるまでに数年の実務経験が必要となったり、高額な費用が掛かったりすることもあります。なお、自分に向いている資格について調べるうえで、秘書の実務経験が豊富な人にアドバイスを求めてみるのも良いでしょう。

プライベートの時間を確保しやすい派遣先を選ぼう

派遣の秘書の仕事に興味がある時には、様々な派遣先の求人をチェックして、プライベートの時間を確保しやすいところを探してみましょう。特に、大手企業の重役などの秘書として働く場合は、責任のある仕事を任されるケースが多くなる傾向が見られます。そうした中、無理なく仕事に取り組むには、人気がある派遣先の秘書の勤務時間や出勤日などをチェックして、オンオフの切り替えをしっかりと行いながら、常に自分の能力を発揮しやすい職場を見極めることが肝心です。その他、子育てや家庭生活との両立を図りたい人は、派遣会社の担当者と相談しつつ、一日あたりの勤務時間が短いところや、都合が良いタイミングで休暇の申請ができる職場を優先的に選びましょう。

秘書の派遣というサービスがあります。これは企業の重役や個人事業主に向けたもので、スケジュールの管理や電話の取次ぎなどを代行してくれます。