まずは一日の配送スケジュールをチェック

トラックドライバーは、職場によって出社時間は様々です。ですが、出社してまずすることは、その日のスケジュールチェックということはほぼ同じです。ルート配送のように、配送先が決まっている場合でも、配送先が突然休みになる場合や、時間変更を依頼されている場合があるため、必ずスケジュールを確認する必要があります。タイムスケジュールが細かく決まっている職場もあれば、ドライバーの裁量である程度時間を決めたりルートを変更したりできる職場もあります。大切なことは、お客さんとの約束の時間に遅れないようにきちんと荷物を運ぶことです。スケジュールの確認の他にも、配送先の担当者への伝言や、割れ物やクール便が多い時などはその注意点もチェックしておくことがポイントです。

乗車するトラックのチェックも大切

いつも決まったトラックに乗車するか、その日によって違うトラックに乗車するかは職場によって異なります。自分自身や他のドライバーのためにも、トラックの調子にはいつも心配りをする必要があります。また、長距離トラックの場合や高速道路を利用する場合などは、必ずガソリン量を常にチェックするようにしましょう。初めて配送に行く場所の時は、ガソリンスタンドの場所を事前に調べておくことも急なトラブルに対応するために大切なことです。万一、事故やエンジントラブルが起こった時は、どのように対処するかも事前に想定しておきましょう。お客さんのことを第一に、臨機応変に動くことが大切です。

トラックドライバーの求人には、遠距離輸送や近隣のエリアをルート周回する業務など、距離に応じたものから選択することができます。また、車輌のサイズも大型車から軽自動車まで様々です。